これが、「喜界島」です。


ここに立つと、
自然に体中が、深呼吸を始める…。


広い空と、大きな海と、風にそよぐサトウキビと~、
その全てにすーっと吸い込まれて、心も体も、景色と一体化してしまう…、


そんな感じ~。
優しい…、そんな感じ~。


ここは、「百之台」

この島の中で、
私の一番好きな所です。


標高204メートル、
つい数年前までは、喜界島で、最も高いとされていた場所。



北緯28度、東経130度線上に位置している喜界島は、
太平洋と、東シナ海、二つの海に囲まれています。
そう、
この百之台からは、二つの大きな海が一望できるのです。


皆様、
いかがでしたでしょうか。

百之台からの景色、私の大好きな、自慢の景色、
ご覧頂けましたでしょうか。


大きな深呼吸の後は、
「よし

体にも気持ちにも力が入ります。


皆さん、
今すぐ百之台に集合です



喜界島のミニガイド
○現在、喜界島で、一番高い所は百之台から少し離れた、211メートルの場所になっています。

○東京タワーが、333メートルですから、
平たい島です喜界島
スポンサーサイト

「一生懸命」

みんなが、一つになって、一丸となって…、
とか~。

それぞれが、それぞれの役割をきちんと…、
とか~。

想いを口にして、意見を出しあって…、
更に、何が最良なのか、意見を闘わせて…、
とか~。


そんな中での、
企画、実行は、必ず、
人の心に何かを残す、はずです。

大人の「一生懸命」は、とてもかっこいい


その夜、
それは、旦那様のかっこいいだったり、
彼の、お父さんの、息子の、孫の、隣の家のお兄ちゃんの、職場の仲間の~、
かっこいい、だったりしました。


8月24日(火)送り盆。昨夜に続いての、上嘉鉄盆踊り。
青年団による、自家製ヒーローショーと、ちょこっと花火大会の様子から~~~、
でした。



ここしばらく、とても忙しくしていたので、
久しぶりに、楽しく、穏やかな気持ちになれました。

上嘉鉄青年団の皆さん、
ありがとうございました




喜界島のミニガイド
(本文の付け加え含む)

○私は、自分を考えました。
仕事でも、プライベートでも、日々の生活のなかで、私はどんな、なのかなって~。
考えました。
自分にやれることを、
やらなければいけないことを、
もっと、もっともっと、
プラスしてやっていかなくてはいけないことを、やれているのかな。
ん~、
そのことについては、
また後日

○ちょこっと花火大会は、ちょこっとではありませんでした。ドラマ仕立てのなかなかのものでした
青年団の頑張りは、まさに地域活性化ですね。

青年団と盆踊り♪


63代青年団長のしきりの下、今年の盆踊りも盛大に行われています
(今日は、8月23日、月曜日。旧暦で行われる、喜界島のお盆の、なか日)


一周を、1時間もかからず、回れてしまう喜界島の中には、37の集落があり、

その中でも、いつもやたらと元気のいい青年団(集落)が、
ここ(写真)、上嘉鉄という集落です。



今年も、浴衣姿がキラキラ輝いてとっても素敵な青年団の女子を中心に、
櫓を囲んで、2重3重の円ができ、踊りが続いています~。

あ~懐かしい~
と、思わず声をあげてしまう、懐かしい曲から~、
今年の新曲まで、
老若男女、みんなが楽しめる構成になっています。


それから、
出店、ちょこっとの花火大会、島唄、三味線に太鼓、等々~、


それからそれから、
テンポ良く響く、太鼓のリズムに、くぅーっと、心をつかまれ、


それからそれからそれから、
懐かしい顔
お盆で帰省中の知人、友人との再会、



そして、言いました。


63代上嘉鉄集落青年団長が、
「この、盆踊りを、夏の思い出の1ページに~」


確かに!
残っていますよ。

小さい頃の夏の思い出の
たくさんのページに、
確かに残っています。

「私も、早く大きくなって、あのお姉さん達みたいに、綺麗に~」
って!


そして、
今夜も、何か、
いい気分になっています
とてもいい、
いい、感じです


そうそう
もちろん、焼酎も飲んでいます。(今夜は、朝日と飛乃流朝日です。)
もちろん、格別で
ん、美味しいです



喜界島のミニガイド
○8月13日~15日にお盆をする集落もあります。

○喜界島の周囲=48.6km

○63代上嘉鉄集落青年団長=朝日酒造所属、幸得進也(こうとく しんや)33才です。詳しくは、また

○飛乃流朝日=白麹、25度。通常より仕込む黒糖の量を抑え目にし、お湯割りで、やわらかい甘さを楽しめます

うちの富田さんです

  • 2010.08.20 15:28
  • Cat:

頭は、丸坊主、
体は、中肉中背、
声が大きく、私の知るところ、いつもニコニコ何かしら面白い事はないかと、頭を巡らせているよう~、

更に、
「思い立ったが吉日」
それが、富田さんのモットー~~~です。
たぶん…。


何か案が浮かぶと、ぐっとテンションが上がり、社内の和を一層固く、また、活性化させるため、様々な企画を立てる、
そして、あれよこれよとよく動く~。

もちろん、後輩の面倒見もよく、


すみません
私、勝手にあれこれと書いておりますが、
年齢は私より3つ年上の最近で言うアラフォーで、
朝日酒造歴は、私より随分先輩の、入社21年目です。


現在は、主に「詰口」担当で~、
上の写真は、
洗ビン機のメンテナンス中に、手を止めて、一枚パチッとでした。


では、最後に、
蔵見学にいらして下さったお客様が、感じるでだろう、富田さんの第一印象を~、

「挨拶がいい人だなぁ」
それだと思います
ん、です


島内外の皆さん
朝日酒造を覗きに、いらっしゃいませんか。




喜界島のミニガイド
○島外の黒糖焼酎好きの方は、富田さんと言うと、奄美大島の「龍宮」の富田恭弘さんを、頭に浮かべたのかもしれませんね

○写真は撮らせて頂きましたが、その他の取材は一切せず、私が思うがままに、書きました。

社内の皆さん、どうでしょうか。

次は、どうしようかな
むふふ
考え中です

写真、撮らせて下さいね

我が家の飲み方①


まず、
昼食時間に考えます
夕飯は何にする?
何か飲みたいお酒は?

これっ
というものが浮んだら、そのお酒に合わせたい食事、その食べ物に合わせたいお酒を思い浮かべて~、

ふふっ
お腹を満たすための計画が立つと、
なぜかしら、お昼からのお仕事も
ふふっ
とスイスイ


さぁ、
1日のお仕事が終わりました。


我が家では~、
ささっと飲み準備開始です
料理の途中で、酒器を選び、器を決め、更にその日の気分で、箸、箸置き、コースター、ランチョンマット、等々~、
我が家で可能な限りのセッティングをします

最後に、
あの店、この店、あの雑誌を思いだし、そして、私のセンスを加えて、盛り付け、テーブルに並べて、
準備完了です

では
いっただっきま~す



喜界島ミニガイド
(我が家の話含む)
○お料理は、自称料理上手の私が作れる物、
料理本を見ながら、なんとかできる物に限ります

○お酒は、焼酎(黒糖・芋・麦・米・泡盛等~)、清酒、ワイン、ビール等々~、色々楽しみます

また、焼酎は、好みの度数に前割りしておくと、焼酎と水が馴染んで
それをビンごと、冷蔵庫に入れておくとまたまた
(冷蔵庫を開く度にそのビンを見て、ふふっとなるのは、私だけかしら?)

○焼酎、清酒を飲む時のグラスは、ワイングラス、シャンパングラスにしてみるのも楽しいですよ。

○ちなみに今夜は、よ~く冷えた「たかたろう」と、無農薬夏野菜たっぷりカレーライスでした
デザートは、時計草(パッションフルーツのこと)甘ずっぱくて美味しい

○家飲みだからと言って、飲み過ぎてはダメですよ

はい
私も気を付けます


出張報告②…焼酎の会

今回の出張では、
九州を中心とした焼酎蔵の方々が集まる焼酎の会と、
黒糖焼酎「朝日」を楽しむ会(朝日酒造単独の会)、などがいくつかありました。


お客様から~、
「夏に飲むぬるぬるのお湯割りが好き

「黒糖焼酎は、いつもロック

「黒糖初留(南の島の貴婦人)44度の、華やかな香りが何とも~、いい

「水割りは、焼酎6、水4が美味い

「最近は前割り~、ジョカでぬる燗~、」
等々~の言葉をかけて頂き、

お客様それぞれの飲み方、味(香り)などの好みや、
「朝日酒造」への気持ちなどを知る事ができました。

また、自家製黒糖で仕込み、5年熟成の原酒42度
「陽出る國の銘酒(ひいづるしまのせえ)」
にも、かなり感心が寄せられていました。


ありがとうございました。
皆さんの声を聞く事ができ、
明日からの焼酎造りに繋げていきたいと思います。
本当にありがとうございました。


「ちなみに、喜禎さんはいつもどんな飲み方をしてるのですか。」
という質問をよくされるので、
次回は、我が家の飲みをお伝えしますね



喜界島のミニガイド
(焼酎の話含む)

初留(しょりゅう)=初垂れ(はなたれ)とも言う。蒸留の最初に出てくる焼酎こと。

前割り=数日前から焼酎を水で割って馴染ませておくこと。

ジョカ=焼酎を温めるための酒器のこと。

出張報告①

この時期は造りがお休みなので、
今、私達、あちらこちらを旅しています。

久しぶりにお会いする方、初めての方~。
嬉しい緊張感で、少々興奮ぎみです。

今日は、東に海、西に山の見える街に来ています。

街、食、酒、人との出会いによって、
気付いたり、振り返ったり、未来を見たり~~~。

もともと、今回の旅のテーマと言うか、キーワードは、「創造、想像(そうぞう)」
でした。

後、数日の出張。
また報告します。


日本中、どこも暑いですね。皆さん、夏バテに注意してお過ごし下さい。


喜界島ミニガイド
先日の夏祭りの舟こぎ競争、残念ながら予選敗退でした
戦う相手が、強すぎたのだと、思っているのですが
(相手は、自衛隊のチームで、毎年とんでもなく強いのです。もちろん優勝でした。)
また、来年頑張ります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。