「歌と私と焼酎と…」

まだ、
すごく小さかった頃に
教えてもらった
「歌♪」、

いつの間にか
口ずさめるようになっていた、たくさんの
「歌♪」。



少し大きくなって、
自分の好みで選ぶようになって、
繰り返し聴いていた
「歌♪」。

自分のお小遣いで、自分で初めて買いに行った、
レコード、CD、カセットテープ!!



毎日が自分のことでいっぱいで、
泣いたり笑ったり、大忙しだった頃に、
夜中までヘッドホンで聴いていた
「歌♪」。



働き出して、
初めて見えた世の中のあれこれの中で、
マイクをぎゅっと握りながら歌っていた、
あの「歌
この「歌」。




そう、
友達、家族、仕事、恋愛等々~、



その時々に寄り添ってきた「歌♪」が、
私にもあります。


一つの歌で思い出す、
人、季節、風景~が、
私にもあります。




そして、
あるんです。

その時々の、その時々に飲んでいた、
「お酒」が。




そして~、
私が初めて造りの場を見せてもらった時のこと、

蔵の中を歩きながら、
私の頭の中には、

「威風堂々」という曲が流れていたのを覚えています~。


蔵の中で、
彼が目を輝かせて語ったこの
焼酎「朝日」は、


誰が、どんな場面で、
どんな歌を曲を
聴きながら
飲んでいるのだろう。


無性に気持ちが高ぶり、興奮したのを覚えています~。





なぜ、今日、
こんな話なのか、


今日、ある場所で、
耳に入ってきた
「歌♪」が、
あまりにも懐かしく、思い出深く


それから
色々なことが頭を巡って~、
このブログにつながったのでした



その曲名は、
「赤い花 白い花」です



スポンサーサイト

この島で、米作り!!





彼が言いました。
「ブログ更新のペース、上がってきたね。」


「うん少しね。」
私が言いました。


私、
「でもさ、大事な造りの話が少ないよね…。」


彼、
「造り始まったばっかりだしね。」 「もうすぐ、伐採(サトウキビ)、製糖(黒糖作り)も始まるから。」


私 、
「まぁ、そうなんだけど。」 「でもさ、書きたい事、結構たーくさん出てくるんだよね。」


彼、
「そうこれからは、米のことも出てくるしね


私、
「米も作り始めたらさぁ~」




と、そんな流れから、
まず、米作りを始めることを、お伝えしなくちゃと~、
書いてます。





喜界島のミニガイド
●現在、喜界島には、田んぼがありません。
お米はすべて、島外からです。

●私達は、今期から、焼酎の仕込み用に自分達で、米栽培も始めます。
サトウキビに続いて~、です。

●そうです
焼酎は、農産物加工品です。
私達は、原点である農業(サトウキビ、米)も張り切って
頑張ります



つづく…、





今日は、日中、
気温が26度もあり

12月を前にして、
暑い…、
そんな1日でした。


そして、
ご覧の通り、

空も海も、
「青」



スギラビーチからは、
喜界島から約25km離れた奄美大島が、
いい感じで見えていました





喜界島のミニガイド

●私達、先週、奄美大島に行って来ました。

豪雨災害後、約1ヶ月が経ちますが、
私達が通過した範囲だけで言うと、

完全復旧までは、まだ、
時間がかかりそうな印象でした。


今年も残りわずかですものね、
新しい年を、
みんなが笑顔で
迎えられますように、
そう、願いました。



そして、
今日の「青」は、
ぱーっと
ぱーっと
爽快
その一言、


いや

「よし
と、気合いの入る、
そんな「青」でもありました。


黒糖焼酎物語③洗米~





製造の朝は忙しい。


それぞれの作業がもくもくと、進んでいく。


ざらざら、ざら、ざらざら、ざー、ざー…、

米を洗い、
漬けたのち、
水気を切り、


蒸す。
洗米から、この蒸しまでを、ドラムという機械が頑張ってくれる
(一枚目の写真)



その後、
程よい温度になるまで冷やし、

麹菌をまぶす。(種付け)


2枚目の写真は、
ドラムから、三角棚に移された米を、



時々、小さな塊を指でほぐしながら~、

ざらざら、ざら、ざらざら、ざー、ざー…、


やさしく~、
ならしていく(箱盛り)
~~~~~、


麹菌の繁殖を促し、


ほぼ一昼夜で米麹の出来上がりだ。




米→米麹→→→
一次もろみ→二次→
と、

その成長に合わせて、
作業は進んでいく。


頭と、体は、
温度設定、わずかな時間の長短までを~、
計算しながら~、


まずは、
良い麹を育てるために


そう、
必ずしも、私達の計画に従って、進んでいく訳ではないから。


「だからおもしろい」


明日は、
出麹です

うちの奥さんです(^^)

  • 2010.11.14 23:47
  • Cat:

10年前、
私達が蔵へ戻った時、
唯一の年下だった、


昭和47年生まれの、38歳、
奥 文夫(おく ふみお)
さんです。



ご覧の通り、
丸坊主で~~~、


別に、うちの会社が、
「坊主頭」を、推進している訳ではないのですが


前回の富田さんに引き続いて~、
ですね




そう
朝日酒造の皆さん

この人、文夫君、
最近、何か違いませんか?

何がかって?



表情、行動、心情、
全てです

ん?
心情?
←どうしてそこまで分かるのかって?


だって、
分かるじゃないですか、表情と行動で


大変化が見られるように思います



これまでも、
自分力UPのための、
読書や~、


誠実な仕事ぶりでしたが~、



うん
私も、負けてはいられません
そう思う今日この頃です。







喜界島のミニガイド
(朝日酒造のあれこれ含む)

私の一つ年下の文夫君とは、
小、中、高、学校が一緒だったので、
私は、親しみを込めて、
文夫君と、呼んでいますが、
そろそろ、文夫さんとか、
奥さんとか、呼ばなくちゃ、おかしいですかね
年齢的に…。



そう
もう一つ、書いておかなくては

文夫君、
普段は、さほど、おしゃべりな方ではないと、
感じているのですが、


お酒が入ると、
どっかにスイッチが入るようで


さらさらっと、出てくるのです
不思議キャラ
おもしろトーク

独特な、空気を、漂わせます。

飲みの席にも、欠かせない、存在です



皆さん
うちの(朝日酒造の)
飲み会に参加してみませんか

生チョコ(南の島の貴婦人)~~~幸せ♪②~~~






喜界島のミニガイド
(朝日酒造のあれこれ含む)

2つ目の写真、ポスターの通りなのですが、

島内(喜界島)限定で、
バレンタインに、完全予約制で発売している、


「南の島の貴婦人」(初留取り44度)
入り、生チョコレート
です。

チョコの上に、
黒糖の粉がかかっていて、
生チョコと、黒糖のハーモニーと言いますか、
バランスと言いますか、
何と言いますか、
最高に、
「美味」です。






土曜日、
今日は、久しぶりにゆっくり
のんびりしたお休みでした。

と言っても、
途中、少し、お仕事をして~、
会話は、常に、仕事モード、なのですけどね


それが、我が家の自然な~、
日々の流れですね
365日、そんな感じです




夜、
23時を過ぎて、

テレビ
ニュースを見ながら、



「飛乃流 朝日」
前割り、冷やを、

「南の島の貴婦人」入り、
生チョコを、つまみながら
です~~~。

このひとときが、
とても、
幸せです。




第1回朝日酒造「私達の島を伝えたい」コンクール ≪絵画展≫

  • 2010.11.10 16:18
  • Cat:



「私達の島を伝えたい」コンクール≪絵画展≫
ー作品募集案内ー


「焼酎を通して喜界島を伝える」 これが、朝日酒造の掲げるテーマです。


私達は、
黒糖焼酎を喜界島の特産品として、日本の酒文化の一つとして、
広く国内外に伝えたい、

また、
焼酎が造られる島「喜界島」
も知って、感じてもらいたいという、
二つの想いを持っています。



その実現のために、
地元喜界島の黒糖を使用することが、
まず、第一だと考え、

平成11年から
自社でのサトウキビ栽培、黒糖作りを始めました。

この中で、喜界島の更なる活性化を願い、
このコンクールを企画しました。


具体的には、
未来の喜界島を担っていく子供たちに、

「この島だからできること、この島でしかできないこと」
という意識を持たせ、
喜界島の持つ可能性を感じてもらうことが、ねらいです。



自分の生まれ育った島をみつめる機会になればと思います。





「私達の島を伝えたい」コンクールは、

その年毎にテーマを設定し、
絵画、ポスター、作文、標語、造形等~、
様々な形で、毎年開催致します。




「私達の島を伝えたい」コンクールとは、

全国・世界の人々への「伝えたい」アピールであり、

島を離れて、故郷を想い頑張る喜界島出身の方々への「伝えたい」メッセージでもあり、

未来の子供たちへの「伝えたい」伝承でもあります。




そして、
この「伝えたい」想いには、
愛情と自信と誇りが、たっぷりと詰まっているはず、です






≪募集要項≫

●第一回≪絵画展≫作品テーマ・・・
「喜界島、ここが好き」

●対象・・・
小学生・中学生・高校生

●締め切り・・・
平成22年12月17日(金)

●賞・・・
朝日酒造賞・特選・入選(全ての賞に、賞状・賞品)・参加賞

(朝日酒造賞作品は、期間限定で焼酎のラベルにします)


●審査基準・・・
テーマに沿って描かれていること。
その作品から、描いた者の想いが伝わってくるもの。
作品を見た人の想像力を駆り立てるもの。

●賞作品発表・・・
広報きかい(表彰式(平成23年1月中旬))

●入賞作品展示・・・
場所(朝日酒造貯蔵庫)

●その他・・・
用紙(四つ切り又は八つ切り)
画材(自由)







というような主旨、内容の、コンクールを開催します



すみません
このブログで、こうして案内を書いておきながら、
募集は、島内(喜界島)の小、中、高生だけなので
すみません



もし、どうしても、うちの子に、甥に姪に、知り合いの子に、出展させたいという方は、

喜界島への、移住を~
お考え下さい

大歓迎です




さぁ
全国の良い子の皆さん
今すぐ転校手続きです

男子高校生

  • 2010.11.08 10:04
  • Cat:
登場人物


●男子高校生
●ちっちゃな男の子(兄)
●ちっちゃな男の子(弟)
●男の子達のお母さん(ママ)
●私




ここは東京です

一人、埼京線での移動中、

その時のことです。



2人のちっちゃな男の子とお母さん(ママ)が、
仲良くおしゃべりをしながら、
電車に乗って来ました。



電車は、それほど混んではなく~、


親子(3人)は、
座っていた一人の男子高校生の前に立ちました。



男子高校生の隣は空いていて~、

ママに促された男の子(弟)が、
その高校生の隣にちょこんと座りました。



高校生は、男の子(弟)に、にこっと微笑みました。


柔らかい、優しい表情でした


「子供が好きなんだろうな、優しそうな子(高校生)だな、」
と、
思いながら~、
近くで立っていた私は、その様子を見ていました。



ほんの少し~、
時間が経ち~、



座っていた男の子(弟)が、そわそわし始めました。


見ていると~、


ママとお兄ちゃんが座っていないことに、
何やら落ち着かない感じです。



そして、その瞬間!!


高校生が、さっと立ち上がりました。

「あどうぞ、座って下さい」


立っていたママとお兄ちゃんに声をかけて、
席を立ちました。



高校生は笑顔でした。
(照れ笑いのような)


気付くのが遅くて…、
すみません
と、言わんばかりの、

そんな様子でした~。



私は、
なんとも言えない、
なんとも、なんとも言えない、
あったかい気持ちになりました


思わず、顔が緩んでしまって
~、




先に電車を降りて、
ホームに立ったその後も、

しばらく~、


優しい空気を感じながら~、



誰かに話したい
そんな、気持ちいっぱいで、

待ち合わせの場所に向かって歩きました。



2010年 11月6日
土曜日の午後の
ことでした




佐賀のサトウキビ農家さん(^^) ①







佐賀県の、ある町の、
あるお母さんが、
「サトウキビ」栽培に挑戦です


写真は、
この夏、植え付けされた、
佐賀のお母さんの畑、
「アサヨちゃん農園」のサトウキビの様子

と、
次の写真は、
私達の(朝日酒造の)畑の、サトウキビの様子です。



苗は、同じ、うちの畑の苗です

今のところ、成長の様子に違いはなさそうですね




さて、
この冬を越えて、一年半後の刈り取りの頃、

九州の北と南のサトウキビは、
どんな成長を見せてくれるのでしょうか
乞ご期待です。





喜界島のミニガイド

「アサヨちゃん農園」と、サトウキビの出会いについて~。

○アサヨちゃん農園は、その名の通り、
アサヨちゃんが切り盛りする、農園です。

アサヨちゃんと、サトウキビとの出会いは、と言いますと

私達の飲み友達、
佐賀県出身、現在京都府在住の女子
(イチロー選手と同じ歳)の~、
酒とタイガースのためなら、どこへでも飛んでいく、
軽すぎるフットワークが魅力の
アサヨちゃんの「娘」
さんが、

2004年から、
異業種交流の如く、様々な面々を引き連れ、
毎年、冬、サトウキビ伐採の手伝いに来てくれる~、

ことから~、なのです



そして~、
その母様を、
私達は皆、愛を親しみを込めて、アサヨちゃんと呼んでいます~。

つづく…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。