飲み納めは、『飛』





この写真は、
もう10年近くお付き合いさせて頂いている、
すっごく飲んべぇのお客様
から、

今、届いたメールからです。(からからって、へんてこですね)


題名の、

飲み納めは、『飛』(飛乃流朝日)も、
そのメールからです





ありがとうございました

飲み納めっていう一言に、
やたら、感動して、やたら興奮して
今年最後のブログを書き始めました。



いつも、ブログを読んで下さっている皆さん、
いつも「朝日」を楽しんで下さっている方々、
そして、
このメールの



ありがとうございました

2010年も
ありがとうございました
本当に本当に、
ありがとうございました



そして、そして来年も、
どうぞよろしくお願い致します



スポンサーサイト

黒糖焼酎物語⑤今年最後の瓶詰め






昨日、
12月26日(月)

今年最後の、瓶詰めがありました。



写真は上から、
瓶に焼酎を詰めているところを~、パチリ


写真次は、
瓶に栓をしているところを~、パチリ


写真最後は、
ラベルにのりが付けられた直後を~、パチリ



すべてを、
機械がスムーズに進めていますが、

途中、
人の目、人の手が加わり、
作業は、ミスなく進んでいきます。


そして、最後は、
一本、一本が手に取ってチェックされ、
箱に納められていきました。



今日の瓶詰めは、
ご覧の通り、
「朝日30%・一升瓶」
計画通りに、終了です





喜界島のミニガイド
(色々含む)

●一石=180リットル=一升瓶が100本

●焼酎、清酒のなかでは、蔵の規模などを伝える時、
「石数」で、表したりしますね

●うちの商品(焼酎)は、
私が手伝いを始めた、10年前は、手貼り(ラベル)も多く、

私も、必死で貼りました。
丁寧に、ミスなく美しく、
もちろんスピードもいい感じで


自然に気持ちが入りました一本、一本に気持ちが入りました


←結構、プロですよ自分で言うのも何ですけどね




現在は、
機械貼り(ラベル)が増えました。



必要な機械を入れて、仕事の効率を上げて、
そこで得た、時間は、
掃除、整理整頓、より安全安心のための環境作り、
更には品質向上、
更には更には、
新しい事への挑戦

などなど~、


そして来年は、
最大の新しいチャレンジ
原料米作りが始まります




後、2010年も、
本当に、後、わずかですね・・・・・・

賞味期限…




小さい頃は、
母が、おばあちゃんが、父が~、


見て、嗅いで、少しつまんで、判断する

視覚、臭覚、味覚を使って~、



基本的に、
食べ物の賞味期限は見たことがありません、
でした
私も…。



でも、いつからか、
自分の判断はどこへいったのか



気付くと、
私は、すぐに賞味期限だけに頼って、
自分で考えたり、判断したりしなくなっている(すべてではないですが)…、


「それでいいのかなぁ…。」


今日、ふと考えてしまいました

「あれ
これ、まだ食べられるでしょ
という瞬間があって




もうすぐ、お正月ですね
美味しいお正月を過ごしたいと思います
はい





喜界島のミニガイド
(色々含む)

●焼酎の賞味期限を尋ねられることがあります。
焼酎に賞味期限はありません

●ただ
品質の良し悪しで言うと、
直射日光の当たる場所での保管は、
品質を落としてしまいますので、お気を付け下さい
もちろん、腐って飲めなくなるということはありませんが、

いつでも美味しく飲んで頂きたい
それが、私達の一番の願いですので…。


●また、栓を抜いた後のことを、尋ねられることもありますが、
栓を抜いてからも同じです
栓を抜いた後、
どれだけの年数が経ったとしても、腐ることはありません

写真は、刈り取ったサトウキビを少々拝借して、お湯割りとパチリ(@^O^@)その後、かじりついてみました。甘っ(^^)




寒い毎日、お元気でお過ごしでしょうか


もちろん喜界島は、
昨日も今日も、
さほど寒くはありません…、
(私は、日中は、半袖でいたりしています)



それはさておき、数日
更新せずにいて、
なんなのですが



やっぱり、
この私も、師走は流石に忙しく
毎日、走っております



またまた、今週いっぱいお休みしたいと思います


では
暑くなったり、寒くなったりの忙しい毎日、
無理せずに…

本日、締め切り!!

  • 2010.12.17 17:36
  • Cat:




第一回 朝日酒造
「喜界島を伝えたいコンクール」 ≪絵画展≫



その作品募集が、
12/17(金)、今日で締め切りでした。



一昨日あたりから、
続々と作品が集まり初め、


私達、朝日酒造の事務所は、応募作品の名簿作りに追われることとなり~~~、



嬉しいとても嬉しい
悲鳴をあげています



喜界島の児童、生徒の皆さん、
又、各校先生方、保護者の皆様、
ありがとうございました。





まだ、
正確な数の把握はできておりませんが、



年明け、2011年早々に、
責任を持って審査を行い、
表彰式、展示会



更に~、
見事「朝日酒造賞」に
輝いた作品は、
焼酎のラベルに~、


という流れで
進めて参ります。





子供達から預かりました、
大切な作品一枚一枚に、
愛情と感謝の気持ちで、胸がいっぱいです

皆様、本当に、ありがとうございました。




喜界島ミニガイド
(色々含む)

●写真は、
応募作品を保管している箱の中の、
一番上にあった作品を、
パチリとしたものです。(絵の一部分をアップで写しました。)

●その後の日程は、また後日、案内致します



島内外の皆様、
朝日酒造 貯蔵庫で行う展示会
いらっしゃいませんか。

黒糖焼酎物語④伐採が始まっています(o^_^o)






この冬、島(喜界島)のサトウキビ農家さんは、
皆さん、充実の笑顔

の様です



朝日酒造の原料部門でも、
先週から、サトウキビの伐採が始まりました


原料部門のスケジュールは、
と言いますと、

サトウキビ伐採→→
黒糖作り(製糖)→→
サトウキビ伐採→→
黒糖作り(製糖)→→
~~~という具合で進んでいきます。



サトウキビは、刈り取った後、
2、3日以内には圧搾し、黒糖作りをしなくてはいけません。

切り口から、どんどん悪くなってしまうからです。



そのため、
伐採→製糖→伐採→製糖~という、
流れになっているのです




文頭にある通り、
今期のサトウキビの成長は、
良好です。

台風被害もほとんどなく~、



今後は、寒の訪れと平行して、
糖度が、ぐんぐん上がっていくのを、


バッサ、バッサと、
収穫していく

大忙しです




12月、
年末と重なり、
焼酎の仕込みと、原料作りと、

朝日酒造は、
一年の中で、最も忙しい時を迎えています。




今期も、美味しい
黒糖焼酎が、「朝日」が、
出来ますように





喜界島のミニガイド
●1月~、2月にも、
サトウキビ伐採のお手伝いの連絡が、
関西、関東あたりから、入っています


うちのサトウキビ伐採は、
一切、機械を使用しないため、
畑によっては、かなりの重労働になりますが、

ありがとうございます
いい畑、用意してお待ちしております

●写真は、
伐採後、サトウキビをトラックに積み込む作業の様子です
普通、写真を載せるなら、
まずは、伐採の様子から、ですよね

次回、そうしますね



では

「朝日」25%




島では、
冬でも夏でも、季節関係なく、

又、おつまみ、その日の飲む相手も関係なく、

◎お湯割り派
◎水割り派
◎ロック派(少数ですが。)


に、分かれています。
基本的にそんな感じです


それから、その夜、
特別に焼酎の肴としてのメニューがなくても、

家族と同じご飯メニューとでも、
焼酎を頂きます





食と焼酎のバランスや、
合う 合わないは、その時に、
自分の舌が、決めます



ここで、突然言うのもなんですが…、

黒糖焼酎は、喜界島に暮らす私達にとって、
日々の生活の一部…、

ですね。うん




それはさておき、
今夜の我が家は


ニンニク(ヒル)の葉入り野菜炒めと、
「朝日」25%、お湯割り
でした





喜界島のミニガイド

●ヒル(喜界島の方言)=にんにく

●またまた突然ですが、
黒糖焼酎と私は、ずっと~~~、

寄り添ってきました
この話はもっと色々書きたいことがありまして~。また、書かせて下さい
「島の生活と黒糖焼酎と私」
なんて題名で、また後日




なんだか今夜は、
話のまとまりが悪くて~、すみません。

↑書いている私の頭がぐるぐる回っているのかな
↑酔っぱらいじゃないですよまだ

今週いっぱい、お休みします(^^ゞ

今日は、きのうより、だいぶ寒くなりました

喜界島では、
気温
◎12/6(昨日)=24度
◎12/7(今日)=19度
でした。


夜、8時頃には、
なんと、15度でした


ちなみに、喜界島の年間平均気温は
22.5度です。



喜界島にも、
やっと、冬がやってきそうです



秋はあった…、
あったかしら





師走に入り、
私も、あれやこれやと
ドタドタしておりまして

今週いっぱい、このブログをお休みしたいと思います
(と言っても、今までも、毎日更新していた訳ではないのですけどね)



急に寒くなりましたね
皆さん、風邪などひかれませんよう、お体大事にされて下さいね。




では、日曜日に



幸せの風船(*^_^*)

  • 2010.12.05 11:21
  • Cat:






「タネも仕掛けもありません

なんと
長いフランスパンの中から、
今、数字を書いた、
今、選ばれた人が、字を書いたばかりの
ハンカチーフが出てきました




ずばり

今年の忘年会の目玉は、

ミスタードラゴン


奄美大島のスーパーマジシャンさんをお招きしての、マジックショー




そうです
昨夜は、朝日酒造の忘年会だったのでした

社員の皆さんと、その家族の皆さん、総勢47名で、
あったかいお鍋を囲みながら~です




そうそう
この、ミスタードラゴンさん、
本業は、紙・書・調・報~のお仕事の方なのですが、

趣味で始められたマジックが、もうその域を超えて



鳩が飛び(もちろん生きてます)、
炎が上がったり、グラスが割れたり~、


次々に飛び出すマジック

思わず上がる声溜め息~、
釘付けの目



そして~、
ショーのつなぎには、
ちょちょいと仕上がるバルーンアート





その後は、
バルーンアートに挑戦する大人達と
その周りで、大騒ぎの子供達と



例年以上の盛り上がりで
あっという間に、
予定の時間を超えて、
それでもまだ
と、いった感じの年忘れになりました






喜界のミニガイド
(色々含む)

●その他、ビンゴゲームや島唄ショーもありました。

●2才の僕のお誕生会もありました。
(ちょうどその日がお誕生日だったのです)

●会の最後には、六調
(写真三つ目です)
三味線と太鼓、島唄の軽快なリズムに合わせて、
自由に、思い思いに、全身を使って踊り踊り
大いに、踊りました。






そして、
一夜明けた~、今日

ぽかぽかと、
汗ばむくらいのとってもいいお天気


外へ出て、

昨夜のバルーンを空にかざしてみたくなりました。



「幸せの風船


ふと、浮かんできた~、気持ちです。



昨夜の忘年会の様子を思い出しながら~、



思わず顔が、表情が緩んだ…、
…、


私でした。




「よし
大晦日まで、残りの時間も頑張らなくちゃ
です。

うちの喜禎(ひ)…さんです(^-^)

  • 2010.12.02 12:28
  • Cat:




人を、血液型4種類に分けて、なんたらと思う事は、基本的にはないのですが、

この人、喜禎(ひ)さんは、
「A型」に違いありませんと、私は思っています。


20歳を過ぎてからの、これまでの付き合い、16年あまり~、
 



更に、
私のこれまでの経験、様々な出会い~から分析して、

この人は「長男」、
にも間違いありません。



まぁ、しかし、
彼の全てが「A型」「長男」、その他はなし、な訳ではありませんし~、


あくまで、
私の主観ですので



ん~、
まぁ、そうですね、彼を一言で言おうと思うと、
「マイペース


更に一言加えるとすると、
「何事にも動じない
感じ…、


ですかね。



もう一つ、
この16年あまりの間に、大きな変化がありましたよ。

彼は、いつからか
「とても、おしゃべり
「やたら、おしゃべり」になった~

と、思います。



さて、どうでしょうか…。
本人は、この分析をどう思いますか…





喜界島のミニガイド
(色々含む)

●彼は、几帳面ではありますが、
呑気な性質も持ち合わせ、
また、時間の流れを実際よりも、長く感じさせてくれる…、
ちょっと、不思議な

上手く表現できなくなってきたので、この話は終了します

●彼は、マイペースではありますが、
自己中ではありません。と言うか、
ごちゃごちゃと、必要以上のことは、考えない、
気にしない
と言った感じです…。



朝日酒造(株) 四代目、
喜禎浩之 39歳、
のことでした
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。