「7793」





一年前、
平成23年4月1日現在で、「8142人」だった人口が、


この4月、
平成24年4月1日現在では、「7793人」となりました。




この一年で、349人の減です。





ここ数年は、一年間に100人前後の減少で推移してきたのですが、
今年は、小・中学校の統廃合により、教職員、その関係の方々の転出により、このような状況に至ったのだと思います。




4月、喜界島の様子(風景)は随分変わりました



島内を車で走っていると、幼稚園生、小学生、中学生を乗せた青いスクールバスに出くわし、
また、そのバスを待つ子供達の姿を目するようになりました。





ミニガイド
写真は、旧荒木小学校の校庭の真ん中に立っている「ガジュマル」の木です。

子供達の声の消えた校庭の真ん中で・・・・・、
何か物寂しくも見え、また、「ここが、みんなが集う場所、みんないつでも集まっておいで」と、
ささやいているかの様にも見えました~~~。




このガジュマルの木の下で、焼酎を酌み交わしながら、思い出話なんか~~~、
いいなぁと、しみじみ思った私でした。





スポンサーサイト

今夜は、久しぶりにこんな感じで~

  • 2012.05.26 21:00
  • Cat:







懐かしいでしょ


紙の上で消しながらやっていく、「ビンゴ」の様な遊び


小さい頃しませんでしたか
やたら大きく、9段と9列で「81」とかでやったりして~、



今夜は、我が家にしては珍しく、何もつままないで、飲んでいます
「黒潮 35% 」 を飲みながら~、
懐かしいゲームを楽しんでいます



そうだこのブログで「黒潮」を登場させるのは、確か初めてですよね。



「黒潮」はですね、
原酒は、「レギュラーの朝日」で、貯蔵の仕方が、仕次ぎ(しつぎ)という(泡盛の古酒造りで用いられている)
方法で貯蔵熟成させている焼酎です。


ですので、通常の長期貯蔵酒とすると、複雑な熟成を経ていますので、なかなか面白い味わいなんですよ




彼はお湯割り、私は、氷1個入りの水割りで飲んでいます。


焼酎の話題から離れて、このビンゴに始まり、UNO、トランプ~、
今夜は、こんな感じです
(ちなみに、今夜何もつままないでやっている訳は、お互いの体型を気にしてだったり、だったりです。はい)





焼酎のミニガイド
仕次ぎ(しつぎ)とは、
親甕の親酒がまず基本にあり、その中から、汲み出したり自然に蒸発したりして目減りしたら、その分だけ、また焼酎を継ぎ足していく、
というような貯蔵方法です。


最近、頭の中が忙しくなっています





夕方(6時前)、車に乗ってミーティング中(浩之さんと)、



「あ
「あ


って、叫びながら、携帯で撮ったのが・・・、
携帯からだと、ちょっと微妙ですよね




本格的な夏に向けて、焼酎に関わること、日常の色んなこと、
考えている間に、頭の中だけで大忙しになってきてしまい




そんな時、この虹が目の前に現れて

いい気分転換、いいスイッチ入れてくれました




何にしても、まずは、行動
頭の中だけで忙しくなっていても、仕方ないですものね



「私のことは捕まえられないでしょ♪」







「私のことは捕まえられないでしょ



まるで、そうささやかれているかのようです~~~。

耳元に寄っては、「ふふふうふふ」と、私にささやいてきます~~~。



まさに、貴婦人です





「オオゴマダラ」、
喜界島を生息北限とする、蝶。


黒と白のまだら模様のその羽は、開長約15センチにもなる、
その羽を大きく広げ優雅に舞う姿は、(喜界島では)
別名「南の島の貴婦人」と呼ばれています。




久しぶりのお天気に嬉し過ぎてなのかしら~、
貴婦人は、私の存在など少しも気にする様子もありません。


ふわりふわり、ひらりひらりと~~~、
数えきれない程の蝶が飛び交っていました。





携帯を向けた、私と蝶との距離(わずか20センチ程の間を、)
また、別の蝶がすり抜けて行く~~~、



「私のことは捕まえられないでしょ」と一緒に、
「私はどう、私を撮ってもいいのよ」なんて言われている様な気がしました~~~。




そして、ふと、思いました。
これが、人間だったら、こんな人(女性)がいたら、
自信と誇り、気品、自由に、何に囚われることなく、あるがまま・・・。



ひらりひらりと、ふわりふわりと~~~、でした。





色々ミニガイド
「オオゴマダラ・南の島の貴婦人」については、
喜界町ホームページ、又は、このブログ2010年6月24日にも、載っています。

「オオゴマダラ・南の島の貴婦人」という名は、
うち、朝日酒造の焼酎の銘柄にもなっています。
焼酎(初留取り)の華やかな香りに誘われて、
蝶が舞う様子を思いながら、名付けました。(2012年4月8日のブログにがあります。)

初留取りとは、
蒸留の一番最初に垂れてくる部分だけを集めた焼酎です。




梅雨の中休み、暑い暑い1日のことでした


願い叶って~、








願い叶って、
今日は、午後からこんなにいいお天気になりました



思わず、両手をぐんと、ぐーんと、空に向かって思いきり伸ばして

辺りに誰もいないのを確認して


叫びました

「あァァァーーー」


最高に気持ちいいー、でした





喜界島のミニガイド
写真は、阿伝という集落の様子です。
サンゴの石垣に囲まれた細道を抜けると、青い海
こんな感じが、最も島らしい雰囲気、風景かな、と思います
(台風に備えて昔の人は、家々の垣根をサンゴでつくり、風を防いでいたのです)。

サンゴの石垣にはよくハブが住みつくといわれますが、喜界島にはハブがいないので保存状態が良く、
特にこの阿伝集落には、昔からの様子(サンゴの石垣)が、多く残っています。

「また、来てるよ(^_^)」






「また、来てるよ
きっとそう言われてるよね



今日は、午後4時半過ぎ、あさひ(娘5才)と二人、飛行機を見に行きました


以前にもお伝えしましたが、喜界島には、飛行機が降りてくる様子が間近で見られるポイントがありまして、

飛行機好きの彼の影響を大いに受けまくっている私達は、
時間があると、ちょくちょくその様子を見に行きます。(その場所は、我が家からも蔵からも車で1分~2分と近いので)




そして、あさひが言いました。
「また、来てるよ」って、言われてるんじゃない、パイロットさんに・・・・、ですって・・・


確かに、確かに言われてそうです



写真は、携帯からちゃちゃっと撮ったので、こんなですが、
ホントに本当に、ものすごく近い位置なんですよ。
私達と、飛行機の距離。
パイロットさんに見られてそうなんです





色々ミニガイド
この、飛行機を見るポイントは、うち、朝日酒造の見学コースの一つにもなっています

彼=喜禎浩之=朝日酒造の四代目です。

今年の梅雨は、今のところ順調に降っています。降り過ぎ、と言いたくなる程です。
(午後4時半過ぎにしては、薄暗いです。雨のせいです 途中休憩で、明日あたりは、太陽が、青い空が見たいです。)

時間を忘れて








「釣れてますか
クーラーボックスの中を覗きながら聞いて見た


今のところ、ムルー(ムロアジ)が2匹と、ウルミ(赤ウルメ)が1匹。


午前中、9時半過ぎ~、竿を垂らして約1時間半、てとこでこんな感じらしいです


「今日は、釣れそうですか


「うーん。どうかな
そう言いながら、釣人は喜界島の釣りのあれこれを話してくれました。




私は、今のところ釣りはしていません。(なんだか変な言い方ですけど)
小さい頃は、親に連れられて、手作りの竹竿を垂らして小魚を引っ掛けては、きゃっきゃと喜んでいましたが~~~。




久しぶりに、珊瑚の岩場に立ってみると
この自然の中に、人はとてもちっぽけでちっちゃくて、
珊瑚の岩に当たる波が、はじける様子を見ながら、色々なことが頭に浮かんで来ました。


スケッチしてみたい。
油絵、水彩画、描いてみたい~、

この感じたままを歌詞にして歌ったら

演歌かな

んー、ここで一句って気分でもあり~~~~~。




時を忘れて、夢中になりました
ただ、海を眺めているだけで






色々ミニガイド
12年前に島に戻ってきたすぐの頃は、休みの日には、彼と二人で、よく貝を採りに行っていました。

そうそう、彼は釣り好きですよ。今は、ちょっとご無沙汰ですが
大物ねらいでやっていました。餌をまいて、海で魚を育てているっていう感じもあるようないようなでしたが(怒られそうですね)




釣り、貝採り~、
久しぶりに、どっぷり海で遊んでみたくなりました

さらっと~~~、今夜は空けました(^_^)v

  • 2012.05.09 00:37
  • Cat:




今年も、夏季限定 「たかたろう・12%」 始まりました(写真)




「たかたろう」とは、誰かの名前ですか
浩之さんのおじいさんの名前とか、初代の名前とかですか
という質問をよく受けますが、「たかたろう」は、人の名前ではないのですよ



この「たかたろう」というのは、入道雲のことです。
喜界島では、梅雨明けにもくもくと西の空に立ち上る雲(入道雲)のことを、「たかたろう」というのです



先月、4月の終わりに、早々と梅雨入りした奄美地方ですが、
ゴールデンウィークの後半は、天気に恵まれ暑い熱い毎日でした。



そして、今夜は、
窓を開けて、優しい風にあたりながら~~~、
さらっと~~~、飲んでいます




色々ミニガイド
「たかたろう」は、 12度の、減圧蒸留の焼酎です。

我が家では、 いつも瓶ごと冷蔵庫で冷やしておき、帰ったらまず、「たかたろう」という毎日です

そうそう 夏季限定(蔵出しは、9月いっぱいまでですので。)

ちなみに この「たかたろう」という名前は、10年前の新発売の時に、社内募集をして、決定したのですよ 外内(とのち)さん、命名です)



さらっとした味わいと、涼しげなボトルと、この名前「たかたろう」
夏の始まりを告げる~~~、いい雰囲気でしょ


「連休中は・・・」

そんなつもりではなかったのですが、


ブログも連休を取ってしまったような感じになってしまい、
久しぶりの更新ですすみません。



今年のゴールデンウィークは、焼酎の会あり、結婚式あり、
久しぶりの再会あり、念願の対面あり、
また、普段はなかなか味わうチャンスのないような時間、こと、ものに触れたり~~~、



スケジュール的には、盛りだくさんで、移動も多く、忙しくしていましたが、
とても充実していました。




そして、そのことを、ブログに書いては途中で止まり、
また書いては止まりしていたのが、実のところで・・・
(それはまた、まとめながら、追い追いと~~~。)




皆さんの連休は、どのようだったのでしょう。
明日から、また、いつもの毎日ですね。
疲れが出ませんように・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。