魚味噌




魚味噌の作り方を紹介します


○まず、揚げたり焼いたりした魚の身をほぐします。
○そこに、粒味噌(ナリみそ)を混ぜ、好みで削り節やすりゴマを混ぜ合わせて、ザラメを入れて味を整えて、

はい、出来上がりです



我が家では、前の晩の残った焼き魚揚げた魚を使うことが多く、
5、6分で簡単にできて、ご飯にも焼酎にも合うのでちょくちょく作ります



焼いた魚より、揚げた魚での方が、私は好き美味しいと思います
それから、材料を混ぜ合わせるだけの場合もありますが、私は、混ぜ合わせながら火を通す(炒める)方が好き美味しいと思います

また、
は、白身魚の方がお味噌に合って美味しいと思います




というわけで、今日はいきなり「魚味噌」の紹介でしたが


美味しいですよ




ミニガイド
奄美群島の食文化を支えてきた食材の一つにみそがあります。
特にソテツの実(ナリ)から作ったナリ味噌は、苦しい時代の食生活を支えてきました~。
(豚味噌もこの粒味噌を使って作ります)
スポンサーサイト

「雲を追いかけて~」








夏の空はおもしろい

ここ数日、島内を車で走らせていると~、
あれ、あっち、あそこ、なんて言いながら、雲を指差しては、私達、会話が弾んでいます


雲を追いかけて~、あっという間に喜界島を一周してしまいそうです


そして、そんな今日の夕方からは

会社の飲み会が始まっています(写真2枚目)、

今夜の飲みは、8月5日(日)の、喜界町の夏祭りの時にある、「舟こぎ競争」の練習の流れです~。

本番に向けての景気付けと言いながら飲んでいます



飲みながら、チームワークが
飲んで、語りながら、本番に向けてのやる気が、ガンガン上がってきていますよ


皆さん、今夜もいい感じです





喜界島のミニガイド
「舟こぎ競争」は、喜界町・夏祭りの恒例です。
職場や同級生仲間などでチームを作って参加します

「舟こぎ競争」と聞いただけでは、どんな風か分かりませんよね
写真は、8月5日(日)本番の様子でお伝えしたいと思います

さて、うち、朝日酒造の「朝日たかたろう」チームは、優勝 優勝できるのでしょうか

帰って来まして(^_^)v





午前10時15分、羽田発の飛行機に乗り~、

鹿児島を経由して~、

午後3時過ぎ、喜界島に到着しました


島に降りると、30度越えのいいお天気

とんでもなく強い陽射しに目の前くらくら
数分で、こんがりいい色に日焼けしてしまいそう




夕方、数日ぶりのドライブの途中
サトウキビ畑にシャワーがかかる様子を見付けて、パチリと撮ったのが上の写真です



「地下ダム」からの水がサトウキビ畑にまかれています。
これぞ、喜界島の夏!!の風景です




喜界島のミニガイド
「地下ダム」については、昨年2011年8月29日のブログで紹介しています。

この「地下ダム」からの水の供給のお陰で、喜界島の農業の水不足の心配はありません。有難いです

ホテルの部屋で~

  • 2012.07.20 19:10
  • Cat:



出張中です。

夏場は、全国色々なところで焼酎の会があり、
主催の小売店(酒屋さん)や、飲食店さんに声を掛けて頂いて、参加させて頂いています。


飲み手の方々と直接お話ができるというのは有難いです本当に感謝です


昨夜は、朝日酒造単独の会で、たくさんの素敵な出会いがありました


細かく書きたいところなのですが、19時半から約束があるので、そろそろ準備して出掛けます。


気持ちがいっぱいで、一人暴走しないように
程よく飲みながら語りながら、優しい時間を過ごしたいと思います


では

私のお湯割りもなかなかです(^_^)v

  • 2012.07.17 23:14
  • Cat:







このグラス、ウエストがあるんです
分かりますか?この写真でちゃんと見えたらいいのですけど


このウエスト(くびれ)を使って、今夜は、自分でお湯割りを作りました


浩之さんは飲みに出掛けていて
私は、22時過ぎから、「朝日30%」で一人飲み

私の作るお湯割りもなかなかいけます
温度も良しうーんかなり満足、あれこれやりながら~、にんまり飲んでいます




喜界島のミニガイド
今日は、お昼過ぎあたりから台風7号が接近~。
ただ、今回は、小さめなので大丈夫そうです。良かった(写真2枚目は、スギラビーチです。)

蒸留機の前で~




この日も、30度を軽く越えるとんでもない暑さ

蔵の中は、もちろんエアコンなどありません。

特にこの蒸留機の前(写真)の暑さは、半端ではありません。
生まれたての焼酎の香りも加わって熱気に満ち満ちています



昨年、10月半ばから始まった今期の造りも、いよいよ最終、8月初めの蒸留でおしまいです。


夏場の暑さと台風から逃れて、それからの約2ヶ月間は、蔵のメンテナンスに入ります。(醪の温度管理を考えると、その流れが最良なのです。)



奥の方から、今期最後の醪の香り、少し酸味のあるフルーティな香りも漂ってきました

~~~~~~~~、
~~~~~~~~。

いい香りです



こうして毎年、変わらず焼酎造りが続けられることに感謝です

締め切りが迫ってきて(≧ω≦)





今日は、新聞に掲載するためのエッセイを書いています


奄美の地元紙で、「南海日日新聞」という新聞のつむぎ随筆21という欄に、
先月から、だいたい月に一度のペースで、来年の3月までの9回の予定です。



私の場合、パソコンに向かってカチャカチャやっていても、ちっとも文章も情景も浮かんでこないので、

いつもこうして、いらなくなった紙の裏にちょろちょろと書いていきます
(ブログは違いますよそのままパソコンか、携帯からですけど)



ちなみに、先月の第一回の時は、「黒糖焼酎物語 第一章 ・はじまり」 という題目で書きました。

さて、今回は・・・どうしましょう



せっかく頂いたチャンスなので、蔵のこと、喜界島のこと、自分達のこと、
上手く伝えたいのですけどね。




おっと、こんな時間、気分転換に、少し飲んで~~~、考えます


今日は、何かということもない私事ですみません
では、頑張ります


「~☆七夕の夜に☆~」

  • 2012.07.09 15:20
  • Cat:




今回の「立ち飲みの会」は、
ビーチでバーベキューでした


七夕の夜でしたが、残念ながら曇り空、満天の星空というわけにはいきませんでしたが、

でも、
参加者30名の気持ちは、午後6時のスタートから上がりっぱなしで


飲む飲む食べる食べる語る唄う踊る~~~、


あっという間に時間が過ぎていきました


私は、運転があったのでお酒は飲まずにいたのですが、

「雰囲気、解放感、何と言いますか、何とも何とも言い様のない感じ、 体から、心から、スーッと力が抜けていく感じをみんなの様子から味わって~~~、いました


いいなぁバーベキュー、やっぱり夏はバーベキュー


って、にんまりの私でした






色々ミニガイド
場所はスギラビーチです。
薄い雲がかかっていたため、残念ながら夕日も見れず、でした。
飲みの中心は、夏季限定12%冷やしてそのまま「たかたろう
みんないい感じで酔ってましたよ
そして、準備、片付け、皆さんご協力ありがとうございました。


また、やりましょうね

お久しぶりです(^^ゞ





気付くと、10日も休んでしまっていました、ブログ・・・。


皆さんは、いかがお過ごしでしたか・・・。




この10日の間に、喜界島(奄美地方)は、梅雨明けし、
きのう今日は、とんでもない暑さで、日射しが肌に痛いくらいです



今日は、10日ぶりくらいに島内を車でぶらぶら~。
写真は、池治という集落のビーチ(島で2番目に大きいビーチ)から見た夕日です。



あれこれと忙しくしておりまして、久しぶりの更新となりました。すみません。
また、今日から、よろしくお願いしますね



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。