出会い


どれくらい前からだろうか。
蔵を見てみたいと言って、見学のお客様が喜界島に来て下さるようになったのは。

そうそう、
私、やたらと一生懸命、
というより必死に、
喜界島のあれこれを話して~、
「焼酎を通して喜界島を伝える」
私達の焼酎造りのテーマをそう決めてから、
知り尽くしているはずの喜界島を彼と二人であちこちまわって~、巡って~。


先日、見学に来て下さったお客様は、皆さんそれぞれ7回目、5回目、この3年くらいの間に5回目、そして、初喜界島、等々~。

「何回も見ているから、今回は蔵は見なくていいよ!!」
なんて、冗談を言いながら~、
「お客さんが『朝日』に目がいった瞬間~、それから僕は、30分から1時間半は、喜界島を語っちゃうね。」(笑)


ビーチで暮れる夕日を眺めながら、たかたろうを飲み始めて~、4次回が終ったのは、真夜中。

何とも言えない、あっという間の、一日でした




喜界島ミニガイド

喜界島の周囲=48.6km
ビーチ=スギラビーチ
たかたろう=夏季限定焼酎
彼=朝日酒造・4代目、喜禎浩之




スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。