蔵の中には~「黒糖溶解場」






黒糖溶解場の一角には、

長年染み付いた甘い黒糖の香りがほのかに漂っていて~、



その木造の薄焦げた天井や壁、柱を見て、



以前、見学にいらした女性の方が掛けて下さった、

この言葉を今もよく思い出します。



「なめてみたら甘いのかしら~」


忙しい中に、ほっと穏やかで豊かな気持ちにさせてくれる嬉しい一言でした





今期の造りが始まって、約2ヶ月。



今期も順調に進んでいます。





もちろん、造り真っ只中の今は、
黒糖の香りが辺りいっぱい、いっぱいに広がっていて~、

~~~~~~~~、
~~~~~~~~、






私は、蔵の香りがとても好きです


この黒糖の甘さ、
酸っぱい醪(もろみ)、
くうっと胸いっぱいに広がる焼酎達、




それぞれの香りが蔵の中を流れて~、



ここはとても心地いいのです




今期も、
美味しい焼酎「朝日
できました
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

初めまして(^ー^)

お世話になっております。
朝日酒造のブログを担当しています、喜禎ルミです。


コメント、ありがとうございました。

とてもとても嬉しくて、興奮しました。
私も、蓋を開けた時の黒糖の香りが大好きです。

ぜひぜひ、喜界島に遊びにいらして下さい。
「壱乃醸」「朝日」をぜひ一緒に~~~。


これからも、気持ち込めて焼酎作り頑張ります。
どうぞよろしくお願い致します。




Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。