「私のことは捕まえられないでしょ♪」







「私のことは捕まえられないでしょ



まるで、そうささやかれているかのようです~~~。

耳元に寄っては、「ふふふうふふ」と、私にささやいてきます~~~。



まさに、貴婦人です





「オオゴマダラ」、
喜界島を生息北限とする、蝶。


黒と白のまだら模様のその羽は、開長約15センチにもなる、
その羽を大きく広げ優雅に舞う姿は、(喜界島では)
別名「南の島の貴婦人」と呼ばれています。




久しぶりのお天気に嬉し過ぎてなのかしら~、
貴婦人は、私の存在など少しも気にする様子もありません。


ふわりふわり、ひらりひらりと~~~、
数えきれない程の蝶が飛び交っていました。





携帯を向けた、私と蝶との距離(わずか20センチ程の間を、)
また、別の蝶がすり抜けて行く~~~、



「私のことは捕まえられないでしょ」と一緒に、
「私はどう、私を撮ってもいいのよ」なんて言われている様な気がしました~~~。




そして、ふと、思いました。
これが、人間だったら、こんな人(女性)がいたら、
自信と誇り、気品、自由に、何に囚われることなく、あるがまま・・・。



ひらりひらりと、ふわりふわりと~~~、でした。





色々ミニガイド
「オオゴマダラ・南の島の貴婦人」については、
喜界町ホームページ、又は、このブログ2010年6月24日にも、載っています。

「オオゴマダラ・南の島の貴婦人」という名は、
うち、朝日酒造の焼酎の銘柄にもなっています。
焼酎(初留取り)の華やかな香りに誘われて、
蝶が舞う様子を思いながら、名付けました。(2012年4月8日のブログにがあります。)

初留取りとは、
蒸留の一番最初に垂れてくる部分だけを集めた焼酎です。




梅雨の中休み、暑い暑い1日のことでした


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。