締め切りが迫ってきて(≧ω≦)





今日は、新聞に掲載するためのエッセイを書いています


奄美の地元紙で、「南海日日新聞」という新聞のつむぎ随筆21という欄に、
先月から、だいたい月に一度のペースで、来年の3月までの9回の予定です。



私の場合、パソコンに向かってカチャカチャやっていても、ちっとも文章も情景も浮かんでこないので、

いつもこうして、いらなくなった紙の裏にちょろちょろと書いていきます
(ブログは違いますよそのままパソコンか、携帯からですけど)



ちなみに、先月の第一回の時は、「黒糖焼酎物語 第一章 ・はじまり」 という題目で書きました。

さて、今回は・・・どうしましょう



せっかく頂いたチャンスなので、蔵のこと、喜界島のこと、自分達のこと、
上手く伝えたいのですけどね。




おっと、こんな時間、気分転換に、少し飲んで~~~、考えます


今日は、何かということもない私事ですみません
では、頑張ります


スポンサーサイト

Comment

毎回ブログを更新されるのを楽しみにしてますよ
ルミさんの文書、読んでて楽しくなるので…
ところで、来京の話はどないなったんですかね?
今年、京都黒糖焼酎の会はないのかな?
富田さんからそんな話はないっすか?

8月4日に来られるんで聞いてみよ(*^-^)b

読みたいです

随想に書かれた島への思い、黒糖焼酎への思い、あらゆる思い、読みたいです。

きっと、素敵な言葉に、何度も読み返すと思います。

いらない紙に下書きというのがまた何とも言えず、いい。
原稿用紙でなく、チラシの裏とか、物を大切にして、言葉を大切にして、思いを大切にして。

書いた本人が思わずにっこり笑みが出る素敵な随想ができたと思います。

島中の人がにっこり笑みに包まれますように!

随想と黒糖焼酎『朝日』で!

ひびてんさん(^ー^)

ありがとうございます(o^_^o)
こんな嬉しいコメントを頂いて、いつ以上に気持ち上がりましたよ!!
ありがとうございます。

京都黒糖焼酎の会のお話はきてないですけど、
富田さんは、また自分だけ8/4に京都で楽しむのですね(≧∀≦)

いいですね!!うらやましいです!!

いいことさん(^ー^)

ありがとうございます。

「書いた本人が思わずにっこり~」という、いいことさんの言葉に、


確かに!確かにそうです!と思いました。

これまでの焼酎に関わる色々なことを思い出しながら、書いています。
過ぎた時間を笑みを浮かべながら、文章にしています。
それは、とてもありがたいことだと、改めて気付きました。


いいことさんにもぜひ読んで頂けたら、嬉しいです。

なんか、次の日に大阪で結婚式に参加されるとか。。。

では、「朝日の会」でも京都でしますか!

いつなら上京出来ますか?(^^)

ひびてんさん(^ー^)

ありがとうございます(^ー^)

いいですね♪「朝日の会」

いつ頃が良いのでしょうか。黒糖焼酎は夏のイメージが強いようで、会も、夏場が多いのですが、
どうでしょう!!
涼しくなり初めた頃に、「朝日のお湯割りを楽しむ会」なんて企画は(^-^)

なんて、勝手にあれこれ言っていますが(^-^;

ルミさん、それいいっすねぇ~(*^-^)b
10月後半とか11月初旬とか…京都も紅葉が始まってるかも…ですし…ってそんな時期に来れるんですか
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。