「泡盛」 朝日


この瓶は、
「朝日」の瓶です。


今からウン十年前、
昭和の30年代~40年代にかけて、使われていた~、らしい、
「朝日」の瓶です


「泡盛」の文字、見えますか。(指で差している部分)
朝日の文字の上に、
「泡盛」とあるのです。


1916年(大正5年)
朝日酒造は、
沖縄から女性杜氏を招き、酒造りが始まった~、
と聞いていますが、

実際に、瓶に、
「泡盛」と、あるのを見るのは初めてで、


「おっ、」と言ったか、
「あっ、」と言ったか、
ただ、目を見開いて、まんまる目になったか~~~、

私達は~、
蔵にも、我が家にも、残っていなかった瓶を見て、


黒糖焼酎「朝日」の、形に残る歴史との対面に、


良かった
ん、良かったと、
思いました。




さて、
この瓶を、私達に譲って下さった「方」

昨年から、喜界島で、パスタ、ピザの美味しいとっても美味しい
お店をされている、
ご夫婦です。

古い瓶など、生活の中での、年代、歴史を感じさせるものを、集めるのが好きと言うご夫婦、
海辺(砂浜)で、見付けたそうです。

砂に埋もれ、流れ着いた様々な物に交じって、あったようですが、


綺麗にして、
私達に下さいました。




長い年月を感じます。

当時、どんな飲み方が開かれ、どんな風に焼酎を味わっていたのか、
色々、想像すると~、

楽しく、嬉しくなりました

私達が生まれる前後の、喜界島の様子です



そうだ
聞いてみます
当時の様子
「朝日」を飲みながら~、
聞いてみたいです
スポンサーサイト

Comment

昨夜はご来店誠にありがとうございました。
やっと、ブログを拝見させてもらうことが
出来ました!
また、ゆっくりとお邪魔させて頂きますね!

あと、素敵に書いてくださって
ありがとうございます。
その瓶がそちらに行ったと言うか
元の場所に帰っていったのかもしれませんね。
古いものが好きなので
そんな風に感じます。
それが私たちを通して
こんな風にお話をするキッカケとなり
この瓶には本当に感謝です。

あと、Tシャツ!最高!
ありがとうございます!
早速、歩く広告塔になれるかどうか
新調いたしました!

また、このTシャツのことも
ブログに書かせて頂いてよろしいですか?

では、また運動会が
終わる頃にご一緒できますように、、、
本当にありがとうございました。

朝日さんのオールドボトル

数十年後に生まれ故郷に戻るとは、ロマンを感じますね。

名瀬の飲み屋さん「ならびや」の”隠れ家”にも朝日さんの大昔のボトルがありました。「泡盛」表記まで古いかわかりませんが、お爺さんかお父さんが喜界島におられたときに、入手したものだとか。宝物のように大切にしておられました。

Re: タイトルなし

こちらこそ、ありがとうございますe-266
飲んべぇで、食いしん坊の私達は、
島での、お酒の楽しみ方を、いつも、色々考えていてi-237


お二人も、飲んべぇさんのようですので、
ゆっくり、飲んで、おしゃべりできる機会をi-199
楽しみにしています。


Re:朝日さんのオールドボトル

三人の生活は、どうですか?

これまでと違ってi-278
毎日、帰宅時間が、やたら早くなったのでは?
e-266e-266e-266


「ならびや」さん、ですかぁi-278
その大昔のボトル、見に行きたいなあi-237

ん?ボトルだけですよね?
中身は入っている・・・
訳ないですねi-236i-88

うちも、探してみますi-84
何か、見つかるかもしれないですもんねi-234
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。