クリームブリュレと「陽出る國の銘酒」






数日前の写真です。

その夜のディナー最後の
デザート

「クリームブリュレ
と~、


合わせた飲み物
「陽出る國の銘酒2001」
原酒(44度)のストレート、常温、です



お勧めして下さった方の、
優しく、何気なく、さりげなく私達の気持ちをひきつけていく~お話に~。



その中身は、
食(フレンチ、デザート)と、
お酒(焼酎)の美味しい合わせ方について。


食事メニューの素材、味、温度、等々~、
と、
焼酎の造り、アルコール度数、温度、グラス、等々~、



その、相性
更に、相乗効果のお話でした。




食いしん坊で、のんべぇの私達には、とても心弾むお話で、

お腹も、心もいっぱいになりました
ありがとうございました。




ちなみに
と言うか、何と言うか

その夜の、
食いしん坊、のんべぇ仲間は、彼ではなかったのですよ


写真、
「陽出る國の銘酒2001」の隣に写っている
焼酎を、
デザートに合わせ~


ニコニコニヤニヤしていた、

鹿児島在住の美しい呑み友達です





喜界島のミニガイド
(色々含む~)

○「陽出る國の銘酒」=ひいずるしまのせえ=自家製黒糖で仕込んだ、原酒、5年熟成です。

○彼=朝日酒造4代目、喜禎浩之



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。