「歌と私と焼酎と…」

まだ、
すごく小さかった頃に
教えてもらった
「歌♪」、

いつの間にか
口ずさめるようになっていた、たくさんの
「歌♪」。



少し大きくなって、
自分の好みで選ぶようになって、
繰り返し聴いていた
「歌♪」。

自分のお小遣いで、自分で初めて買いに行った、
レコード、CD、カセットテープ!!



毎日が自分のことでいっぱいで、
泣いたり笑ったり、大忙しだった頃に、
夜中までヘッドホンで聴いていた
「歌♪」。



働き出して、
初めて見えた世の中のあれこれの中で、
マイクをぎゅっと握りながら歌っていた、
あの「歌
この「歌」。




そう、
友達、家族、仕事、恋愛等々~、



その時々に寄り添ってきた「歌♪」が、
私にもあります。


一つの歌で思い出す、
人、季節、風景~が、
私にもあります。




そして、
あるんです。

その時々の、その時々に飲んでいた、
「お酒」が。




そして~、
私が初めて造りの場を見せてもらった時のこと、

蔵の中を歩きながら、
私の頭の中には、

「威風堂々」という曲が流れていたのを覚えています~。


蔵の中で、
彼が目を輝かせて語ったこの
焼酎「朝日」は、


誰が、どんな場面で、
どんな歌を曲を
聴きながら
飲んでいるのだろう。


無性に気持ちが高ぶり、興奮したのを覚えています~。





なぜ、今日、
こんな話なのか、


今日、ある場所で、
耳に入ってきた
「歌♪」が、
あまりにも懐かしく、思い出深く


それから
色々なことが頭を巡って~、
このブログにつながったのでした



その曲名は、
「赤い花 白い花」です



スポンサーサイト

Comment

それは

それはまさに

黒糖焼酎を飲み交わしながら
三味線にのって唄う朝花節と
仲間になったみんなと最後に踊る
六調なのです。

この感動は
シマで生まれていない僕だから
よけいに感じる思いなのです。

なるほどです。

そう!
島に生まれ育った私達は、
小さい頃から、焼酎はまだ飲めなくても、


大人達の中に混じって、
「歌(島唄)と私と焼酎(朝日)」が、
いつもありました。

そうですね。確かにそうです


歌かぁ!

今度、島に行った時には是非とも皆さんの島唄を聞きながら、朝日を呑みたいなぁ♪

まる

v-218部屋とYシャツと私♪みたぁい v-10

あらま(@ ̄□ ̄@;)!!

「部屋とワイシャツと私」
って、年齢が想像できるよ("⌒∇⌒")


ルミ姉→私の実の姉なんです(~_~;)


島唄♪♪♪

了解です(^o^)v
ともんちさんのリクエストに応えて、

自慢の喉を披露させて頂きますε=ヾ(*~▽~)ノ


ただ、島唄の声の出し方と、
ただのカラオケ好きの私の歌い方、
違うんですよ(#^.^#)


ともんちさんの再来島までに、
もう、猛特訓しときますヽ(≧▽≦)


Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。